母ちゃんずホームページへようこそ!! 

 

『母ちゃんず』は、放射線量の高い地域に住む親子を招き、

保養キャンプを企画・運営しています。

詳しくは、ごあいさつのページへ

 

<<母ちゃんずNEWS>>

2018年春 

からんからんキャンプ それでいいのだっ!

 

参加募集要項を更新いたしました。

 2018年1月

 

ボランティア募集要項更新いたしました。

2018年2月

 

NEW! お知らせのページに、2月25日㈰に開催する、「カノンだよりvol.5」+
「映像でわかる原子力防災」特典映像 上映会の詳細を掲載しました。

                             2018年2月20日

 

2018年1月吉日

母ちゃんず

代表 竹内 亜紀

支援者のみなさまへ

 

いつも暖かいご支援をありがとうございます。

早速ではございますが母ちゃんずより下記二つのお知らせをさせて頂く事となりました。

 

   キャンプの窓口業務を行って下さる旅行業者が決定致しました。

 母ちゃんずはこれまで参加費無料でキャンプを行って参りましたが、町田市からの使用料免除が無くなり、今年から大地沢青少年センターの宿泊料が発生する事となりました。今後は参加者に宿泊費を参加費として負担して頂く事に致しました。旅行業者ではない団体が不特定多数の方々を対象に参加者を募って有料ツアーを行う事が、営利目的でなくとも旅行業法に違反するという懸念があるため、私達は昨年夏から対策を考えてまいりました。そしてようやく昨年末に賛同・協力して下さる会社が決定致しました。神奈川県平塚市にある神田交通株式会社様です。被災者の方々への思いがとても強く、私達と同じ目線で関わって下さる、本当に温かい方々だと感じています。同社には福島―町田間の送迎バスや、町田から相模原市藤野へ川遊びに行く際の送迎バスで何度もお世話になっておりますので、次回のキャンプについてもアドバイスを頂きながら進めていきたいと思います。

 なお、当面春キャンプは町田市施設で有料にて、夏キャンプは相模原市施設で無料にて行う予定ですので、夏キャンプはこれまで通り旅行業者を通さない方法で行う予定でおります。

 

   「心はいつも子どもたちといっしょ」写真展のお知らせ。

 初回キャンプから毎回ボランティアで参加し、写真を撮り続けて下さっているカメラマンの吉田智彦さんが、これまで撮りためてきた作品の写真展を開催されます。また会期初日にはトークイベントがあり、母ちゃんずから数名お話しをする時間が設けられます。東日本大震災から7年目の今、この事故によって生じた悲しみ・苦しみを風化させず、改めて皆様と、子ども達の未来への道筋を考えるきっかけになれば、こんなに嬉しい事はありません。そういう私達の思いも重なり、実行委員会に母ちゃんずのメンバー数人も参加し、協力団体として母ちゃんずも参加させていただくこととなりました。発起人は吉田智彦さん、主催は「心はいつも子どもたちといっしょ実行委員会」です。お知らせにチラシをのせました。ぜひご覧ください。

 

 そして春にはまた元気な福島の子ども達をキャンプに迎えられますよう、母ちゃんずもがんばってまいります。今後とも応援どうぞよろしくお願い致します。

お知らせページに安定ヨウ素剤自主配布プロジェクトin東京のご案内を載せました。

ご覧ください。

2018年1月